ホライゾンゼロドーンを一通り遊んでのレビュー

前回:ハデス撃破とエンディング まさかのラスト

次回:今回で終了だよ!

ホライゾンゼロドーンレビュー

1

40回にも満たない記事を書きメインのミッションも終えたのでホライゾンゼロドーンのレビューを書いていきたいと思います

いい意味で期待を裏切ってくれたからね書くしかないでしょ!

どんなゲームなのか?

3

パッケージにはオープンワールド×マシーン×ハンターと書いてあり異色の組み合わせです

プレイヤーは主人公であるアーロイを操作し、自分の生まれを知るたびに様々な体験をしていきます
動物型の機械を倒すオープンワールド系のゲームなのですが、遺跡など人工物が見られる所以外は自然豊かな土地を探索する機会が圧倒的に多いです

この手のオープンワールドは景色に飽きるなどありがちですがイベントや機械の生息地などで分けられており退屈しないものでした

そして、魅力的なのが機械のコントロールを奪って仲間にできる事
色んなゲームあるけど敵を仲間に引き入れ活用出来るのは楽しいし頼もしかったね

 

ストーリーの評価

まず、アーロイが何故異端児として育てられたのか意味がまったく分からない所から彷徨いている機械の謎など物語を進めていくごとに徐々に明らかになっていく様子
早く次のストーリーをやって謎解きをしないと続きが気になって仕方がなかったです

アーロイがいろんな人に若干振り回される所も個人的に良かった主人公の特権

いざクリアして納得したのにエンディング後もかなり意味深な映像を残して終えるのは中々ムズムズして仕方ない
早く次回作やらせろと言いたくなります

グラフィックの評価

グラフィックはすごく綺麗です
機械にしろワールドにしろかなり細かく作られていたので本当に綺麗でした
他にも天候に合わせて変わる様はグッドでした

それに写真を撮るときの専用のモードもあるので更に綺麗に取りたい人も簡単に出来ます
クリア後に気が付いたなんて口が裂けても言えない

ちなみに機械のデザインはトールネックが一番好きでした
あんな大胆なデザインは中々できないと思いました(小並感)

戦闘システムや操作の評価

機械を狩るゲームと謳ってはいるがもちろん人間と戦うこともある
機械より人の方が強く感じられる

武器は近接が槍のみと不安そうだが遠距離の武器はかなり豊富!
長弓から相手を縛ることが出来るものまで様々なスタイルで戦えます
一見無敵に近い強敵でも弱点をフォーカスで調べられるから基本的に弱点を突いていくゲームだと思っても良いかもしれない

スキルなども豊富で、プレイヤーのスタイルに合わせて育成出来るのは良かった
下手でもカバー出来ちゃうから助かるね

小さな点ではあるが個人的に矢を構えても構えを解く事ができる点が以外だったしすごく助かった

結果どうなのよ?

グラフィック、ストーリー、戦闘や操作は間違いなく良いと言えます
販売初日から遊んできましたが楽しかったです

筆者は難易度をHardでやっていたのですが手ごたえが凄いですね
正直アクション苦手で雰囲気だけ慣れたい人は難易度を下げて遊ぶことをオススメします
理由は途中で挫折します(笑)

そして攻略サイトをなるだけ見ないで挑みましょう
相手の弱点さえ突けば簡単に倒せちゃいます
自分で見つけるのがゲームの醍醐味です


動画やブログなどだけ見て遊んでない人は実際に遊んでみましょう!

前回:ハデス撃破とエンディング まさかのラスト

次回:今回で終了だよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。