マインクラフトのデータをGoogleMap風に出力できるOverviewerの使い方の紹介

自分で開拓したワールドをGoogleMapのように書き出すことができるツール「Overviewer」の使い方を紹介したいと思います

ダウンロードはこちらからできます

ダウンロードが終了したら解凍しておきましょう

adfsadsas
解凍が終わったら中身を見てみましょう
色々ファイルがある中にOverviewer.exeと言う実行ファイルがあることを確認してください
ここで実行しても動かないので実際に動きをみていきましょう

無題dad
コマンドプロンプトを起動しましょう
使ったことある人もいると思います

Overviewerはコマンドプロンプトを使い以下の情報を与えて起動させてあげる必要があります

  1. Overviewerのディレクトリの位置
  2. 生成するワールドデータのディレクトリの位置
  3. マップを出力させたいディレクトリの位置

dasdas
ディレクトリの位置が分からない場合はこのようにします
まずは赤い場所をクリックしてみてください

dasdsadasd
青くなりディレクトリの位置が出てきてくれると思います
これをコピーしておきましょう
同様に自分のワールドデータとマップデータを出力したいディレクトリの位置もコピーしておきましょう

dasd
今回私は「ワールド」と言うワールドデータを「map」フォルダに出力します
さてさてOverviewerを起動させます

dadsadasd
コマンドプロンプトを使ってoverviewerを起動させます
overviewerがある位置に移動させる必要があるので
cd 「Overviewerが存在するディレクトリ位置」と入力しEnterキーを押します

fafa
次にOverviewer.exe “ワールドデータディレクトリ” 生成させたいフォルダ と入力してEnterキーを押します
この時に以下の注意点があります

  1. ワールドデータディレクトリは”で囲うようにしましょう
  2. それぞれ スペース で開けておきましょう

fffsefswe
生成が始まるとこのような感じにコマンドプロンプトが動き出します
出力にかかる時間はワールドデータに比例します
広範囲に渡りワールドを探索している方だと少し時間がかかってしまいます

では、マップを見ていきます

ffdsfsd
出力されたファイルを見てみましょう
その中にindex.htmlがあると思います
クリックして見てみましょう

overview1
出力したのは私が開拓したワールドデータです
きれいに出力できていますね
拡大できるか見てみましょう

overview2
拡大してもこのようにきれいに見ることができます
陰になっている部分も反映されていますし文句のつけようがありません

皆さんも自分のワールドを自慢したい場合はぜひOverviewerを使ってみてください
では良いマイクラライフを!

【追伸】エラーが出た・分からない点がありましたら質問してくださいね、可能な限りお答えします

「マインクラフトのデータをGoogleMap風に出力できるOverviewerの使い方の紹介」への6件のフィードバック

  1. うーん
    さっきまで出来なくて悩んでたけどだ”消して実効したら出来ました
    環境によって変わるのか?

  2. >>くらふたーさん
    たしかに思いのほか重いのですよ…
    マップを開拓しすぎなければそこまで重くはならないはずです
    開拓しすぎた場合は諦めて出力するしかないかと思います

  3. >>るびさん
    おめでとうございます!!
    ネザーやエンドはセーブデータのDIMを出力対象に設定すればできるはずです

  4. >>Subさん
    “を付けて成功する場合とない場合があるみたいです
    私は付けて成功ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です