マインクラフト レッドストーン回路 基礎の基礎編 マイクラ

レッドストーン回路
動画とかですごい隠し部屋だとかエレベーターなどで作りたいと思った方もたくさんいるでしょう
実際にやり始めてみると中々難しくて覚えられないものです
こちらの記事ではなるべく簡単に説明しますので肩の力を抜いてもらって結構です

使いこなせるようになれば農場などの設備の自動化や建築に組み込んで隠し扉などが作成できるようになります


18
そもそもレッドストーンってなんぞや?

地下に生成されるレッドストーン鉱石ブロックを壊すまたは村人との取引で入手ができるアイテムです
地面に設置することで導火線のようにつなげることができます
これにはまだ電源に当たる部分が付いていませんのでOFFの状態です

レッドストーンは電力を流すためのケーブルと思ってもらって構いません

10
左から感圧板レバーボタンです

それぞれ上に乗ったり、レバーを倒したり、ボタンを押すことで作動します

こちらはレッドストーンに電力を流すための電源部分にあたります
それぞれ作動させるとレッドストーンに電力を流します

24
左からレッドストーントーチレッドストーンブロックです

先ほど説明したスイッチなどとは違い、そのまま電流を垂れ流しています
レッドストーンに接続させると電流を流します

35
こちらは日照センサーです

左は太陽光を検知すると電流を流します
右は暗闇を検知して電流を流します

20
こちらはレッドストーンの電流が流されると動作するブロックです

トラップを作成したりブロックを動かしたりアイテムを出したりと実際のギミックを担うのは彼らですがレッドストーン回路を組まなければそもそも動かせないので勉強してから触るべきでしょう

27
29
実際に電流を流してみました
上が流れていない状態、下が流れている状態です
見てのとおり流れている状態だとうっすらと煙が出ます

11
またレッドストーンにも有効距離が存在します
左は15マス分、右は16マス文のレッドストーンを使っています

複雑な回路などや大型の回路を組み込もうとすると結構出てきます
このままでは16マス以上遠くへは電力を流せませんね…

45
そのような場合はリピーター(増幅器)をはさんでみましょう
リピータがない場合は奥のようにブロックとレッドストーントーチを配置すれば延長することが出来ます

20
またリピータは右クリックで遅延を設定できます
遅延とは電力が伝わるスピードですね

遅延を操作して動きを調整することも大切になってきます

15
またリピーターに横から別のリピーターを接続するとロック機能が使えます
ロック中は電源を切り替えても変わることはございません
状態を維持したい場合に使います

ここで状態を維持と書かれてもぱっとしないでしょう
筆者は扉に2重ロックをかけたい場合とかに使っています
謎解き関連でも結構使われたりします

今回は基礎の基礎を記事にしたので次回辺りは回路の基礎を書いていきましょうかね
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です