ホライゾンゼロドーン攻略「崩れ落ちた山」 #32

前回のあらすじ
見たい気持ちだったが、見たのは痛い目だった


ガイアから指定されたガイアプライムと呼ばれる遺跡に突入します
サイレンスの話によるとマスターオーバライドと呼ばれるものが手に入るみたい
簡単に言うとハデスを倒すための武器です
まずは遺跡に移動していこう


遺跡まで遠いのに到着したらストーカーが辺りをうろついていた
奴はこちらを発見しないと姿を消さないのね_φ(・_・


順調に隠れながら進んだと思ったらストームバードのお出迎え
逃げるが勝ちですよ


走って逃げてると遺跡に入ることが出来た
地形的にボスが穴から出てきそうで凄く心配でなりません


不安定な足場を進んで遺跡を探索していきます
下を見たらタマヒュンしそうな地形ばっかりで怖いですね
ゲームであっても高所恐怖症には辛いところ


この辺りが独特な地形になっているのは
ガイアの自爆によるもののようだ

ハデスからシステムを乗っ取られるのを防いだ結果のようだがあまりにも…


ソベックが最後に残したとされるファイルも発見
損傷が激しいので少し時間をおいて修復されるみたい
フォーカスって便利すぎぃ!


閉じられていた部屋を開けると空気が吸い込まれていった
どうやら真空状態だったようだ
中には円卓と囲むように屍が倒れていた
一体何があったんだ…


ファロがガイアの開発者達を集め、密閉空間のこの場所を真空にして殺していたようだ
更にはアポロの知識を後世に残すのは過ちを繰り返す良くない事と考えデータを全て消してしまう暴挙に出ていた
アポロのデータが無かった理由が明らかになった訳だが、余りにも狂ってるな


机の上にはマスターオーバライドが転がっていた
マスターって言うぐらいだからもっと大きいのかと思っていたが意外にもコンパクトな物

ありがたく頂戴していきます


入り口に戻るとサイレンスが待っていた
サイレンス自身とハデスに関することを語り始めた
サイレンスはハデスと関わっていたようだが、その出会いは弔いの穴でのようで偶然使えるようになったフォーカスから拾ったデータからハデスを見つけたみたい
そして、ハデスから古の技術を教えてもらう代わりにサイレンスのできる事や知っていることを聞き出したようだ

そしていつしかハデスがサイレンスへの抹殺命令を出したことにより逃亡の身になったみたい
つまり、使うだけ使って用済みと言うことらしい…


ハデスは異常に導きの塔と呼ばれる場所に興味を持っていたようだ
導きの塔はガイアによって作成された通信アレイの施設、本来はロボットの停止コードを出すものだがハデスはコレを悪用しようとしているようだ
なんとしてもこれだけは防がなければならない


サイレンスとお別れ

彼は新たな古の技術を求めてまた彷徨うみたい
そして、マスターオーバライドを槍に付けて新たな武器の完成
ハデスとの決着が近いね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。