ホライゾンゼロドーン攻略「義勇団長の行方」 #13

前回のあらすじ
太陽の砦到着

 


最後に戦闘が起きた場所へ到着、門を開けていざ進めと言いたい所ですがノラの義勇兵の団長の捜索をしていきます

血だまり、破壊された機械、あちこちに飛び散った矢が確認できます
ここで戦闘が起きたことは確実ですが負傷者や遺体が見当たりませんね…
かなり被害が甚大と聞いたんだけどね


一通り調べると脇の方から1人のノラの義勇兵が登場
彼はここでの生き残りであり、団長からの報告として動き回っていたようだ

どうやら団長はまだ生存しているみたいだが、別れた後は分からないとの事…


移動途中でドシンドシンと地鳴りが聞こえる
奥で巨大な物体が動いているようで近づいてみるが本当に大きい!!

どうやらトールネックと呼ばれる機械のようだ
敵対してこないが踏みつぶされそうです


彼の証言を元に最後に団長と別れた場所まで移動する

指定された場所へ到着すると弓やら血塗れの包帯だとかが散らばっていた
ここで休憩を取っていたようだが今は近くにいないようなので追跡を続ける


まるでアスレチックみたいな地形をどんどん進んでいく
負傷者抱えてこんな道通れるのか?


進んでいくと少し開けた高台に出た
ここでソウトゥースとやりあったみたいね
流石団長率いる義勇兵だね


アーロイの後ろから忍び寄るもう一体のソウトゥース
アーロイは存在に気がついていたようで隙を見て反撃を行う


ソウトゥースは倒れたが、矢を射ったのはアーロイでは無い

木の陰から義勇兵達が現れた
なんとソナ団長が撃ってくれたのだ

ソナ団長の生存を確認しつつ合流に成功
アーロイが来るまでの間に襲撃者達の拠点を突き止め兵達を忍ばせていたようだ


さて襲撃者達の拠点に来たわけだがソナ団長は「数では敵と悪魔が勝っているがわれらにはこの煮えたぎる怒りがある」とまさかの脳筋発言
まぁ、機械相手に根性で戦っても負けるのは見えている訳で…

どうやら敵はブレイズと呼ばれる爆発物を大量にため込んでいる模様
その爆発を利用してここの採掘場を使っているようだし、それを利用しない手はないね


草むらに隠れながらおびき寄せて一人一人静かに倒していく
何気に対人は初めてですが問題なく処理できますね

この襲撃者たちはカルトと呼ばれる者たちのようだが随分と恰好が統一されていますね、ただの山賊とは違いそうですね…
もっと組織的なグループに見えます


ブレイズで満たされた樽を炎の矢で攻撃!
大爆発で周囲の敵を一掃できます

近くにいた味方にも思いっきり巻き込まれているけどな!


敵を一掃した後も更に襲撃者たちを追撃する発言をする
確かに襲撃者に怒りを持つのは分かるが死に急ぐようなもんだぞと言いたい
彼女自身団長であるし、それに少しは休むべきだと思う
アーロイが言っても聞く相手でない


なんと息子のヴァールが登場
門を守る仕事をすっぽかしてまで来たようだ

彼の説得でとりあえず死に急ぐようなことは止められそうです


音声データを入手
襲撃者たちの他に居座っている拠点の場所に関する情報を入手
鉄の広場と呼ばれる場所にいるようだ

ソナ曰く「悲しみの遺跡、禁忌の大地」のようだが、かなりヤバい場所に居座っているのだろうか?
偵察部隊を先に送っておいてくれるようなので現地で合流することにする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。