フォールアウト4攻略 「Valut81探索」 #57

前回のあらすじ
ギャングの定義とは

ダイヤモンドシティからそう遠くない場所
洞窟の前に書かれているValut-tecの文字が見える…
まさかここにもValutがあるのか?

Valutを発見、番号を見るからに81番目のValutのようだ

Valutが閉じていたので制御盤を使い開けようとすると中からセキュリティの者が応対してくる
手につけているPip-boyはどうしただの、どこのValutから来ただのと質問攻めにあう

だが、ここの責任者の監督官がフュージョンコアを3つ渡したら入ってきても良いと取引を持ちかけられる
厳選されたトレーダーしか入れたくないようだが、興味があるので渡す条件で入れてもらえた

そういやValutで生きている人間に始めて会ったね
今まで見てきたとこだと実験的なシェルターにされており
Valut111-主人公を残して全滅
Valut114-未完成?
Valut75-全滅
と言った具合の中200年近く維持し続けているようだ、素直に凄いと思える
ただ、ガタがきているみたいで修繕が欠かせないようで道具やらの材料は外の世界に頼っているようだ

奥の通路へと歩いて行くと「アッシュ」とやら猫が横切りValutの外に出て行ってしまった
追いかけなくても良いのかな…

エレベーターを使い下に降りると居住エリアが見えてきた
思ったよりも広そうだな…

階段の下から1人の子供が近づいてきた
オースティンという名の彼はこのValutの案内のために来てくれた
だが、案内料金として5キャップを要求してきた
子供なのにしっかりしてるぜ!

こちらは倉庫
家族が管理しているようだ
オースティン曰く夫婦の仲が悪いみたい
子供はよく見てるよねぇ

そして監督官の部屋
中はValut75でみた場所と同じ感じ
ここで人の統括など仕事をしているようだ

階段を降りて下に行くと食堂があった
テーブルとイスがあるが全員分は足りなそう
交代で食事をしているのだろうか

次に床屋さん
ここの店主のホレーシオはクインシー出身で外部からValutに入ったようだ
外の世界からValutに移住なんて出来るんだね…
たぶん特別なんだろうね

ここは栽培所
オースティンのおばあちゃんが研究をしている場所である
おばあちゃんと言っても本当の祖母ではなく、親を早くして亡くしたオースティンを引き取った代理母のような方らしい
このValutで生産される食物は彼女のプラントで作られているそうだ

次に学校だ
学校と言っても本格的な物ではなく、教室一つサイズの部屋で学校だそうだ
なんだか、授業参観に来た気分になってしまう

診療所なんかもある
やはり外の世界の者と違い清潔感がありますね

オースティンが言うにはValutでは重い病気にかかる人はいないみたい

最後にこれ見よがしに彼女を紹介してきた
まぁ、すごく丁寧に案内してくれたから正直助かったね

結構広かったが簡単に説明すると居住スペースと商業スペースに分けられていている感じだね

話を聞くと入口付近ですれ違った猫の飼い主のようだ

外に出て行ってしまったと説明すると、連れて帰ってきてほしいと言われる
私が入らなければ出てくことなかったからね…連れ戻しに行きます

Valutから出てすぐ近くの湖のそばにいました
近くに暴れまわっているロボットがいて危なかったのでさっさと戻らせました

話すだけでてなづけられる主人公スゲー

帰ってくると子供たちは教室で勉強中だったので少し待っていましたがケイティ先生から外の事を子供たちに話してほしいと言われたので話していきたいと思います

さてどんな話をすればいいんだろう

またお前か!!
どうやってデスクローなんか知ったんだよ!と突っ込みをいれたくなる質問

デスクローの話からプレストンと最初に会った時の出来事を話し、レイダーをビリヤードのキューで倒し、レイダーから奪ったピストルでデスクローを倒したと言う話で終わった
子供たちは大興奮だったが先生はドン引き状態

こんな話で良かったのかい…

後で猫が戻って来たことも飼い主に報告、どの時代も猫は人間を困らせるものだね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です