ドラクエ11 攻略「旅立ちの時」#4

前回のあらすじ
ゴッドフィンガー

神の岩でお祈りも済ませ下山
村のみんなが首を長くして待っていた

この世界はロトゼタシアで住んでいる村はイシの村
儀式はこの村から羽ばたくときに備えての世界の広さを知ってもらうことが狙いだったらしい

エマが考察していた通りだね

イシの村に帰ってきました初めてだけど
家の場所が分からなかったので近くの村人に聞いてみると石畳に沿って歩いていけば自分の家に帰ることが出来るとの事

現実的に家の場所を忘れるって物忘れが激しいってレベルじゃないよね!

石畳に沿って歩いて到着
石造りの建物で屋根には藁葺…ではなく緑色の植物で作られている
どういうことなの

自宅では母が食事を作りながら帰りを待っていてくれた
儀式を無事終えた事を話した

エマが付け加えるようにアザが光って雷が落ち助かったと言う
おい、今度余計なことを言うと口を縫い合わすぞ

思いつめたようでこの首飾りを渡され話だされる
勇者の生まれ変わりだと…
何を言っているんですかね…

もう亡くなったおじいさんが言っていたみたいだが、もしかしてムービーで川から拾ってきたおじいさん亡くなっていたのか

おじいさんは亡くなる前に「北の大国 デルカダールへ向かって王に首飾りを見せれば明らかになる」と言っていたようだが何かを知っていたのかな

成人の儀式が終わってきりが良いと言う事で明日からデルカダールへ強制的に向かわせられることになった
早いうちに寝るべきだが寝付けないので外をブラブラと歩き回る

村にもアイテムがあちこち落ちていて屋根にまで置いてある
明日から出発だし拝借していこう

ゴールドや回復系のアイテムはかなり嬉しい

イベントが全然進まないので村の外でも探索しようとしたら止められたでござる
ポケモンでも草むらに入るなよ?絶対だぞ?って感じだったので他を当たるか

村の中心あたりにある木にエマがいました
幼馴染が勇者(疑惑あり)だと知って驚きを隠せない様子だったこともあり寝付けなかったようだ

エマはおじいさんから聞いた話があり、昔マモノが暴れまわっていたころに現れた勇者が世界を救った
その後勇者は星になって見守っていると…

え?仮に勇者だったら星になっちゃうの俺?

去り際のセリフが台無しだよぉ…
今なら間に合う!ってツッコミきそうですが既に記事数もたっぷり書いてしまったので戻れない状況
許せ…許せ…

次の朝、旅立ちの時
新調した新しい服を身にまとい、いざ北の大国デルカダールへ

村の入り口でみんなが見送りに来ているとの事なので行きましょ!
でもその前に道具屋へちょっと寄り道

道具屋の品ぞろえェ…
ひのきのぼうでどうしろってんだよ!

買い物しなくてもいいね

教会でお祈り(セーブ)をしておく
見てみると昔ながらの復活の呪文もあるんだね

メモしながら書き写していたことを考えると笑えて来ますねw

村のみんなに見送られながらの出発
村で一番器量の良いとされる馬まで頂いて感謝感激

だがエマの姿が見えない
ふさぎこんでしまったのか?

遅れて大急ぎで駆けつけてくれた
一緒に旅に…と言う事ではなくお守りの贈り物を作って届けてくれたのだ

こんなスペックが高い幼馴染いるかい?
結婚しよ

いざ出発
村の外にはどんな世界が広がっているのか楽しみ半分不安半分の旅が始まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。