ドラクエ11 攻略「激闘馬レース」#21

前回のあらすじ
心強い魔法使い2人が仲間になる

砂漠の真ん中に建つサマディー王国に到着
雰囲気はエジプトのような感じですね
綺麗な遺跡型の王宮が特徴的

城壁に囲まれて圧迫感を覚えるのにデカデカとサーカステントも設置されている
面積取りすぎだwww

民家がほとんど見当たらない事と土地を見るからに交易都市として栄えているのだろうか?

さっそく大樹の枝の事を聞くために王宮に入りました
柱の模様や床の色合いが非常に好みですわ

ここを我が家と呼ぼう(殴

こちらがサマディー王国の王様
何やら考え事をしていて居ても立っても居られない様子

スピーチがなんたらと言っているが結婚式かな?
確かに何言っていいかまとめるの大変だよね

そこへ息子のサマディー王国皇子が帰還
この王国は騎士道に対する並々ならぬ忠誠があるようでその訓練から彼は帰って来たのだ

そして王様が悩んでいたスピーチはと言うと皇子が16歳になるとして何やら試練を与える時に話す内容を考えていたらしい
へぇ…同い年なんだ…へぇ…見えない

大樹の枝を欲しいと直球の意見を出したところ国宝の物だから渡せないそうだ

だが言う事を聞いてくれるなら考えないでもないと言われる…
最初にコチラを見た時に何かを頼みたかったようだ
相当ヤバい頼み事みたいでサーカスの中で話をしようと提案される

ホモビ出演だけは勘弁してください!

サーカスを見ながら密談を開始
あの後ろで芸を見せている人凄いんですよ
ジャグリングからナイフ投げまで一人で出来ちゃうんですよ、と…言うのは置いといて

この皇子ファーリスは自分の名前が付いたファーリス杯と呼ばれる馬のレースに出場するようなのだが…
なんと馬に乗ることが出来ないと言い出す
他の人に聞かれたら完全にスキャンダルですわwww

馬の他にも様々な訓練があるそうだが全部部下に任せてうその報告をしていたとのことです
おいおい救いようがないぞ

肝心のお願いと言うのは代わりに馬レースに出てほしいと言う事なので報酬として大樹の枝を要求し承諾
馬レースは安全第一で行われるそうで全身に鎧を付けて開催されるから身バレしなくて安心ですね

観客の声援に応えながらスタートラインへ
他の選手はサマディー王国の騎士のはずなのだが、一人場違いな人物がチラリ
確かサーカスにいたシルビアってやつじゃないか?

乗っているものがすごく派手なんだけどいいのか?

ぶっちぎりで一位のはずだったが意外と操作が難しい
ダッシュボタンを押しっぱなしにしてればいいのに連続で押していたから気が付くまでかなりのロスでした

そういや馬に乗ったのほとんど無かったわwww
今頃イシの村辺りにいるよw

結果2位でしたが皇子は喜んでくれたようです
途中の通路で入れ替わって工作をしておいたので間違われることはないでしょうね

選手控室でお互いの成功を喜んでいると突然の乱入!!
お前かーい!

シルビアは皇子がちゃんと走っていたものと勘違いして褒めに来たようだがこの光景を見ただけで誰が走ったか分かってしまったようだ
皇子ってよりはボンボンですね、シルビアの気持ちもすごく分かる

王宮の間に行って正式に大樹の枝をクレクレ
しかしその言葉を遮るように兵士から砂漠の殺し屋サソリが現れたと伝令が入る

何を考えたのか王様は実の息子に討伐を下す
流石に無茶があるだろwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です