トロピコ5攻略 「海賊王」#13

前回:過去への旅

次回:植民地合戦

前回のあらすじ
ヅワイシュタインのイカれた発明

レオンからの核による世界破滅を阻止するために19世紀にタイムトラベルした
だが力も無いうちから奴には対抗できない

今回はライバル植民地であり侵略者でもあった国のプエルト・ココとイスラ・ロホを植民地として開拓していきます

植民地時代は帝国の使者、独立後は外交官として働いてくれたオークスワース卿登場
帝国の皇太子が海賊に捕まったようでその身代金として金を輸出するのが今回の目標

海賊は大海賊ロバーツ、人質を取って金銭をせびるなんてせこいぞ!

今回のマップの初期配置はコチラ
山岳がグネグネと多く、開発には型がハマりそうな地形だ

ただ、嬉しい事に産出する金の鉱脈は目と鼻の先だ!
産出して輸出する分には問題なさそうね

まずは畑を作り食と職を確保
図書館を建て鉱山の研究も並行して行う

港に監視塔を建てて置いたが一つだとまるで役に立たなかったので4つまで増強
海賊に賄賂を渡さなくても余裕で撃退可能になったぞ

住民の食と安全は満たせたのでタバコ畑を作成し稼ぐ
さっさと独立させて葉巻工場に繋げていきたいところだ

伐採所、製材所を建て輸出は良好で金の輸出も完了したが例の金は海賊の襲撃を受け強奪されたみたいだ
海賊はしらを切り、さらに多くの金を要求してきた

なんだってそんなに金が必要なんだよwww

金を探せど石炭の鉱脈だらけなので産出箇所は1か所で放置
この調子だと輸出しきるまでに任期が切れる可能性があるので住民の幸福度を上げるべく建築ラッシュ!!

植民地時代の住民はすぐに幸福度が上がってくれるから素直よね…
現代人なんか糞喰らえ

革命派の人が王を侮辱しろと言ってきて、しない場合暴動を起こすと脅されました
とりあえず女王に卑猥な言葉を書いた手紙を送っておきます
死んだわコレ

ちなみに数か月後に王からのお怒りで任期が5カ月も削られました

今度は金がちゃんと送られたようですが更に多く寄こせと、皇太子を盾にとり脅しが来ました
結局最初に提示された4倍の金を輸出することになりました…

今更気が付いたのですが、輸出した金はいくら輸出しようが儲けが0なんです
どうりで輸出額が少ないと思いましたわ

ギリギリ間に合うかと思っていたのにさらに輸出量を増やされたので独立しました
独立した以上帝国に金なんか送らなくても良さげなんですが仕方ないね!

独立したので後はのんびりと金を輸出しながら町を整備していきます
もちろん産業も葉巻を中心に生産して荒稼ぎします
観光産業なんかは死んでもやるもんか(戒め)

次の時代の建築に備えて拡張しやすいようにしておきました
支持率も良い状態まで持ってこられたのであとは放置しててもクリアできちゃうね

金の輸出も終わった
嬉しい事に例の大海賊ロバーツが試作品のタイムマシンで次元の狭間に消滅した一族だったことが判明
まさかタイムトラベルした一族とまた会えるなんて思っても無かったわ!

道は踏み外していたってレベルじゃないけどね
結果的にまた一族が増え、金も取り返せてWinWinで終了
いいスタートだね

話からするとぺヌルティーモ、お前もタイムマシン乗ってたようだね
寿司詰め状態で乗っていたと考えると笑えてくる

前回:過去への旅

次回:植民地合戦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です