トロピコ5攻略 「戦火の片隅で」#7

前回のあらすじ
アメリカ大統領と特殊な関係(肉体的な意味ではない)

今回は戦火の片隅でと言うキャンペーンを進めていきます
タイトル通り嫌な予感しかしない
戦争でも起こるのか?

前回のマップを引き継いでのプレイなのだが開始直後に敵の軍隊が上陸
いきなりの襲撃で泡を食う

それに襲撃中はあらゆる建物の建設がストップする
敵が来たからと言って急な増兵は出来ないのだ…

攻撃してきた国はイスラ・ロホ、独立前の帝国の植民地の一つだった国だ
レオンが手を回してくれたようで停戦を結んでくれた模様
だが、停戦が終わると攻撃を加えてくるようだ

停戦期間は8年、その間に軍備を拡張して奴らに目に物を見せてやれと言うのが今回のクリア条件みたい
完膚なきまでに叩きのめしてやる

レオンは時間稼ぎに全力を使っているようなので代わりに弟子のアドリアーナからタスクを受注します
彼女から提案されるタスクは監視施設を初めとする軍事施設の建築や敵の侵略を遅らせるものが多数出現

時間稼ぎしまくりやんけ

ぺヌルティーモから提案されるものは漁船で機雷を散布したりラム酒で相手を酔わせたりと奇天烈な作戦が目立つがしっかりと侵略を遅らせてくれる
ふざけてるようでしっかり効果がある所、彼は優秀なのだろうね

植民地時代から世界大戦時代に移ったことでデモも発生するようになる
道のど真ん中だろうがお構いなし

彼等の要求は近くに教会作れ!だとか様々だ

それより気になったのが車が走っている事や道路が綺麗になっている事だ
時代につれて変わっていくのも見ていて楽しいね

産業も植民地時代と大体同じだが、アンロックされた葉巻工場と砂糖から出来るラム酒工場で価値を付加して稼ぐ

次の時代に生かしていける産業は良いね

稼いだ資金で陸軍基地や兵舎を建築
陸軍基地は戦車を保有していて反対勢力の暴動にもしっかりと出動
そして速やかに鎮圧する…

最終的に陸軍基地と兵舎を2つずつ設置して万全の構え
宮殿の兵士も精鋭へとアップグレードしておいた
来るなら来い!

停戦を終え敵の部隊が続々と上陸
だが監視塔を壁にして自慢の陸上部隊で迎え撃つ
敵も弱体化しているのでもはや敵ではない

港付近の監視塔周辺が崩壊することになったが無事に敵の撃退に成功
そんな貧弱な軍隊で侵略なんて笑止!

だが、まだやり残している事があるんです
デモや暴動が多発する通り選挙を実施していない状態なんですわ
これはどうにかしないといけないね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。