トロピコ5攻略 「戦争の犬たち」#16

前回のあらすじ
未来への備え

さてさて前回で世界有数の資産国となった訳ですが今回は軍事大国にのし上がりライバル植民地への攻勢に出ます
どんな物かと説明すると建築した軍事施設ごとに雇用されている半数の勢力が毎年ごとに作戦に参加するものです

よるするに最強の軍隊を作り上げろと言う事

歩兵の他に戦車も参加するので迅速に研究を進めておきたいところ
だが研究が全然進んでいないので追々進めていこう

経済力もクソもないので葉巻工場を作成し資金を量産開始
さっさと軍事施設を乱立すれば簡単になりそうだが、今後の国営を考えると長続きしないので地道に進めていきます

しばらくすると兵士たちが作戦のために出発する
たった4人で何をしてるんですかねぇ…

スニーキングじゃないんだから、せめて集まってから行けよと声を大にして叫びたい

港も別の位置に新たに設置
敵の上陸に備えて防衛特化の仕様にした
たった一個の歩兵隊のみで上陸してくる敵だろうが暴動だろうが鎮圧してくれる
心強いわぁ

こちらも部隊を送り出しているのと同様にレオン達ライバル植民地は工作員を送り込んでいたようだ
あちこちの建物から火が上がり続ける

消火活動を1件あたり2000ドルも払って鎮火させている
それよりコイツを見てくれ、この時代には明らかにおかしいテクノロジーを持ったヘリコプターが活動に参加しているじゃないか
そいつを戦場に送れよ

工作員は港だろうが生産施設だろうが御構い無しにぶっ壊してくるので警察署を建て検挙させた
逆に工作員送り込んだ方が効率が良いんじゃね?

火の手が上がっている建物は一応警察所の機能を拡張すれば消防署としても働いてくれる
だが予算が跳ね上がるのと、火の手が複数のため無理にでも直接消火させたい
建物が壊れるよりは安く済む

いつの間にか送り込んだ部隊が目標を突破しクリア…
と思いきや、またしてもレオンの策略が駆け巡る

上陸した部隊は手違いによりライバル植民地では無くポーランドに侵攻してしまっていた
結局戦力を得たものの敵の弱体化もさせていない…
この状態が続けば未来が同じになってしまう
別の方法を考えなければいけないね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です