トロピコ5攻略 「チーズ王への道」#20

前回のあらすじ
核戦争回避、世界が一つになる

トロピコ5のメインストーリーであるキャンペーンも終了したので今回からミッションに挑戦です
ミッションのタイトルはチーズ王への道
チーズに関する輸出なのは確実ですね

独裁者として世界に名を残すやり方として戦争や世紀の発見など様々なものがある訳ですが、トロピコ産のチーズを売り出しそれで世界に名を刻もうと言うのが今回のミッション
結構マトモな独裁者ですね(白目)

舞台は植民地時代なので任期があることに注意したい
ただ独立しない条件ならば支持率を無視してクリア出来そう
チーズ輸出に専念すれば余裕じゃね?

まずはヤギの牧場を作りチーズ作成に必要なミルクを作り出す
これは輸出してしても大した額にはならないので加工向きですね

筆者は牛のミルクから作られるチーズしか食べたことが無いのでヤギのチーズで検索をかけてみる
臭いだのマズいだの酷い言われようですな

次にチーズ工房を作る
植民地時代で且つ学歴にも縛られない産業建築物なので地味に嬉しい
他にも製材所もあるけれど、あちらは研究を進める必要があるので一手間必要
伐採所で取れる木材も限りあるからね

輸出しても良い額のお金にはならない…
救い船として魚介風味のチーズを作成し利益を上げる方法が取れた!
必要な条件として波止場を作るものだ
建物にかかるお金も少ないので手軽に価格を上げられて嬉しい

完成したチーズの試食、帝国か革命派か海賊か選んで試食させます
味見もとい毒見な訳ですが革命派に与えたところ非常に喜んでくれたみたいです

なんと教育を受けた者が15人もやってきてくれました!

新たな味の改良をしただけでは物足りなかったのかカリブ海でチーズの生産量トップを誇るベネズエラに対して侮辱した上で邪魔をする作戦を取りだす

何が彼らを突き動かしたのだろうか
チーズとして売っているのは実は麻薬なんじゃないかと疑ってしまうレベル

侮辱したとなれば戦闘が起こらないはずは無いので監視塔を建てて防衛態勢は整えておきます

帝国から良質なチーズを作っているからチーズ王と言う称号を授かる
クソいらねぇ

ところがそれだけじゃ終わらないのがトロピコらしい
王がいるなら女王もいるべきだと抗議が入る
そんなに必要ならアンタがなってくれwww

新たなチーズのフレーバー「エスプレッソチーズ」を試作し帝国に送ったところかなりお気に召したようで任期が伸びました
儲け儲け

だが問題が発生
チーズに穴が無いようで試食したスイス人が宣戦を布告する一歩手前状態の模様
緊急でチーズ工場の生産を停止してサンプルのチーズを輸入しろとの命令

穴が無いチーズでも良いだろ!!いい加減にしろ!

ベネズエラに「俺の新しい靴のほうがよっぽどいい匂いだ」とけしかけ戦争勃発
12ヶ月後に本格的な戦闘になるようだが勝利した場合はチーズの価格が更に上がる模様
なんちゅー喧嘩商売なんだ…

ベネズエラの軍隊、怒りの上陸
しかし襲撃してくる海賊と大差がない戦力どころか海賊より劣るレベルでした
軽くあしらえますな

そしてほぼ同時期にチーズの輸入が完了!
チーズの生産が再稼働します

再稼働までに数回の値段の底上げと生産設備の増加をしておきましたのでかなりの効果があるでしょう
任期切れによる失敗を防ぐために支持率もジワジワと上げておきます

一回当たりの収益が20000ドルを超えていたので楽々クリア
目標は大した事なかったけど小さな出来事が笑えるものが多くやっていて楽しかったです

次のミッションがあると思いきや本当にこれだけの模様
嘘だろ!?他にも無いのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です